ACORNとは?

わたしたちの暮らしや経済活動は、
自然環境や多くの生物の営みの連鎖に支えられています。
持続可能な社会の実現をめざすオカムラは、
これらの環境を守り育てることへの貢献を使命と考えます。
自然共生と生物多様性に向けたアクションを
「ACORN(エイコーン)」と名付け、
社内外に活動の輪を広げ積極的に取り組んでいます。

ACORNから
生まれたプロダクト

生物多様性の保全と資源の持続的な利用をめざす「ACORN」活動のひとつとして、
オカムラでは、木材の積極利用による森の健全化をめざしています。
国産材・地域材を無駄なく有効活用することで、「植え、育て、収穫する」という
日本の森づくりのサイクルに貢献しています。
また、地元企業や森林組合などの団体と連携することで、持続可能な林業、
そして地域の活性化にも寄与しています。
森は生きている。森が私たちに教えてくれる。
人の手をかけて、愛情をそそぎ、知恵を使って、森と向き合う。
私たちは、自然とのつながりを感じながら、その環を広げます。


オカムラの
木材利用方針

①以下の木材の利用を広げます。
1. 信頼ある森林認証を受けた木材
(または同等の証明のある木材)
2. 建築廃材、リサイクル材
3. 国産材・地域材
②以下の木材を使用しません。
1. 絶滅危惧種
2. 違法に伐採・生産・取引された木材
3. 森林生態系や地域社会に
悪影響を与えている木材

木材利用の基準となる
指標マーク

間伐材を用いた製品を表示するマーク

間伐材利用の普及・推進

間伐や間伐材利用の重要性等をPRし、間伐材を用いた製品を表示するマーク。間伐の推進について知ってもらい普及させること、また間伐材の利用促進と消費者の製品選択に貢献することを目的としている。

林野庁が進める「木づかい運動」を象徴するマーク

国産材を使ってCO₂を削減

林野庁が進める「木づかい運動」を象徴するマーク。京都議定書で定められた温室効果ガスの削減目標の達成に向けて国産材の利用量を拡大することを目指す。国産材利用の意義を浸透させる普及ツールのひとつ。

木材の流通や加工のプロセスを認証するFSC®マーク

信頼ある森林認証マーク

木材を生産する世界中すべての森林を対象とし、木材の流通や加工のプロセスを認証するFSC®マーク。環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられる。

TOP