Column

【赤鬼のつぶやき C.W.ニコル】アブラチャン(ABURACHAN)

 落葉低木のアブラチャンは学名を「Parabenzoin praecox」といいます。長野に来て、はじめてこの木を知りました。この木も、これまでに英語の名称を見たことがありません。本州・四国・九州地方に自生する、アファンの森でもおなじみの木です。

 3〜6メートルに育って、春になると黄色い花が集まって咲き、この花が生け花によく使われます。丸みのある葉は、花が咲いた後に芽吹きます。花の後に付く小さな緑の実は、やがて茶色に変わります。木の幹はグレーっぽい緑色です。

 材では箸やかんじきが昔から作られてきました。アブラチャンの種は油分のある樹脂を含んでいて、燃やすととても良い香りがします。燃料としても優秀で、着火に使うこともあります。

 アファンの森財団のスタッフが、アロマオイルが採れるかどうか試したことがありました。でも、とても良いとはいえない匂いのものができあがりました。蒸して圧力をかけて採れた油は、気温が低いと固まります。種の核の部分には29〜40%もの油分があるそうです。ココナッツの種から取ったオイルで作る石鹸がありますが、アブラチャンからはもっと質の高い石鹸ができます。とはいえ、ココナッツよりアブラチャンの実を集めるほうがずっと大変です。ランプのような、灯りをともすために使うこともできます。

 アブラチャンもコシアブラも、日本に来るまでは知らなかった木です。この二つをよく間違えていました。

2017年7月
C.W. ニコル


ABURACHAN

 Aburachan is a shrub, a small deciduous tree with the scientific name of ‘Parabenzoin praecox.’ I cannot find an English name and I did not know it before coming to Nagano. Aburachan seed produces an oil pitch, which is aromatic and burns very well. It is native to Honshu, Shikoku and Kyushu and is very common in our Afan woods.

 The aburachan shrub can grow to 3 to 6 metres. In spring, it has small yellow clusters of little flowers that are quite popular for exhibiting in ikebana (flower arranging). These attractive little flowers bloom before the shrub produces its ovate leaves. The flowers produce small green berries, which later turn brown. It has greyish green bark.

 Aburachan can be used traditionally to make chopsticks and the traditional round snowshoes called ‘kanjiki,’ Otherwise the wood can be used for kindling or fuel.

 Our staff has experimented in producing aromatic oil from aburachan, but the verdict was that the oil was just smelly and not fragrant. The oil is prepared by steaming and pressing, which produces dark brown oil that solidifies in the cold. The kernels of these seeds yield 29 to 40% oil, which is very high. The oil can be used for soap that is better than soap made from coconut oil. It is, however, far easier to gather a lot of coconuts. Even so, aburachan seeds have a potential for using in some kind of lighting, lamps for example.

 I myself used to get confused with aburachan and koshiabura, both of them plants that I had never heard of before I came to Japan.

C.W.Nicol
July 2017

写真提供:C.W.ニコル・アファンの森財団

C.W.ニコル

作家・1940年イギリス南ウェールズ生まれ。1995年日本国籍取得。カナダ水産調査局北極生物研究所の技官・環境局の環境問題緊急対策官やエチオピアのシミエン山岳国立公園の公園長など世界各地で環境保護活動を行い、1980年から長野県在住。1984年から荒れ果てた里山を購入し「アファンの森」と名づけ、森の再生活動を始める。2005年、その活動が認められエリザベス女王から名誉大英勲章を賜る。2011年、2016年に天皇、皇后両陛下がアファンの森をご視察された。

TOP