Column

ウダイカンバ(Monarch Birch)

アファンの森がある長野では、カバノキの仲間としてシラカバとウダイカンバが生えています。ウダイカンバは日本の樹種で海外ではほとんど見られないと言われているため、日本の名前で呼ぶことにしましょう。ウダイカンバは日本でも北のほうに生息し、シラカバよりも高地に育ちます。アファンの森はちょうどウダイカンバが生息する境目にあたっていて、一般的には北海道と本州の北のほうに分布しています。

高さは20メートルから30メートル。葉はほかのカバノキの仲間に比べ、大きく長くなります。若い葉っぱは産毛に包まれていて、成長すると表面はツルツルになります。春がやってくる頃には、雄しべと雌しべが花穂を垂らします。

日本に来るまでは知らなかった種類の木なので、シラカバとよく見間違えていました。若いウダイカンバの幹はなめらかで、銅のような色をしていますが、成長するにしたがって幹はだんだん白くなり、グレーがかかっているガサガサとした表面になってきます。とりわけ大きく成長したウダイカンバの木に茂った葉が黄色に染まり、枝の先でひらひらと動く様子はとても素晴らしい風景です。

海外では庭園や芝地にこの木を植えています。英国ではmonarch birch(カバノキの王様の意味)という威厳のある名前で呼ばれている、木の王様であり女王様なのです!夏には優しい木陰となって芝生や花を守り、秋はウダイカンバの幹が映える様子が魅力的です。カバノキの仲間の木の幹を食べてしまう虫に対しても、この木は強い性質を発揮します。

幹から剥がした表皮は、焚き火の着火にも重宝します。素早く、明るい炎を出しながら燃えるため、もっと硬くて長時間燃え続ける種類の木が燃えるのを助ける働きがあるのです。ウダイカンバの幹には可燃性がある油分が含まれているため、雨や雪のような悪天候でも威力を発揮します。
ウダイカンバをシートに加工して貼り合わせ木材の耐久性を高める技術には特許があり、ウダイカンバの突き板はピアノに使われるとも聞いたことがあります。

2017年12月
C.W. ニコル


MONARCH BIRCH -UDAIKAMBA(Betula maximowicziana)

In our woods here in Nagano we have both silver birch (shirakaba) and the monarch birch (udaikamba). Udaikamba is native to Japan and considered a rare tree abroad, so I’ll use the Japanese name. Udaikamba can grow further north and at a higher elevation than the silver birch so our Afan woods are on the border. Udaikamba is common in Hokkaido and northern Honshu.
 It can grow to be a big tree, reaching 20 to 30 metres in height. Its leaves are bigger and longer than other birches. When young they are downy but mature into a glabrous green. In early spring there are both male and female catkins.
 Until I came to Japan this was one of the many trees that I didn’t know, and at first I tended to confuse it with silver birch. The bark of young udaikamba trees is smooth and bronze in colour, but similar to silver birch the maturing tree has white bark, although the bark is more grey and coarser.
 In autumn the bigger trees especially are very showy, a mass of bright, fluttering yellow foliage.
 Abroad it is planted as a landscape or lawn tree. In English ‘monarch birch’ is certainly a grand name! King and queen of trees! In the summer it gives a gentle shade, allowing grass and flowers to grow. The bark is considered to be attractive, as are its autumn colours. Udaikamba is also more resistant to an insect borer that attacks other birch and can kill them.
 We use it as firewood, especially to start up a fire because it burns quickly and brightly and can get harder, slower woods to burn well. Like the outer bark of silver birch you can peel some off a living tree and use it to start a campfire in difficult conditions like rain or snow, because the bark contains a very flammable oil.
 Japan has patented a method whereby udaikamba timber can be used in making strong and durable laminated wood, and I was told that the wood is also used as a veneer for the making of pianos.

C.W.Nicol
December 2017

写真提供:C.W.ニコル・アファンの森財団

C.W.ニコル

1940年、英国・南ウェールズ生まれ。1980年、長野県に居を定め、執筆活動を行うとともに、1986年より、森の再生活動を実践するため、荒れ果てた里山を購入。『アファンの森』と名付け再生活動を始める。1995年に日本国籍を取得し、2002年「一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団」を設立、理事長を務めている。

TOP