Column

【赤鬼のつぶやき C.W.ニコル】サワグルミ(Japanese Wingnut、学名:Pterocarya rhoifolia)

 わたしたちの森のなかでとりわけ大きな木は、サワグルミ(Japanese wingnut)です。ツリークライミングⓇジャパンの設立者であるジョン・ギャスライト博士は、わたしの親しい友人ですが、博士が子どもたちのために特別な木登りのプログラムを教えてくれたときに選んだのがこの木でした。 

 クルミ科ですが、クルミの実は、生りません。今は引退した松木さんからこの木の名前を聞いたとき、少しがっかりしました。わたしはクルミの実が大好きで、日本に来て初めてこの木のことを知りました。きちんと勉強してみるまで、「クルミ」と呼ぶ木と「サワグルミ(Wingnut)」は、全部クルミだと思っていたのです。 

 サワグルミは、小川のそばなど湿度の高い場所を選びます。わたしたちの森では、湧き水が小さな流れになりはじめる谷の上のほうにこの木が育っています。自生しているのは日本と中国です。複雑で、大きな、羽のような形の葉っぱは、11から15の小さな部分に分かれています。風にはこばれて受粉するため、花穂が15から45センチメートルぐらいまで長くぶらさがります。花穂には、二枚の羽が左右に付いていて、5センチから10センチほどの幅の種が並んで育ちます。


 樹皮はざらざらしています。木材はクルミによく似ていますが、クルミのように密で丈夫なものではありません。松木さんが若い頃には、サワグルミをマッチの製造業者に買い取ってもらったことがあると言っていました。良く燃えるだけでなく、着火するときにも折れにくいそうです。もちろん今ではマッチを使う人も少なくなりました。戦時中、旧帝国軍は、この材を使って弾薬箱を作ったとも言っていました。家具をはじめ、あらゆるものを作るために利用されてきたでしょう。

※松木さん C.W.ニコル氏と一緒にアファンの森をつくりあげた初代のアファンの森の番人。15歳から森に入り生計を立ててきた森の達人。

 

C.W. ニコル   

2018年10月


SAWAGURUMI – Japanese wingnut (Pterocarya rhoifolia)

The largest, tallest trees in our woods are ‘sawagurumi’ or Japanese wingnut trees. My good friend Dr. John Gathright, who founded Tree Climbing Japan, used our sawagurumi trees when he taught tree climbing on some of our special forest programs for children.

These trees are of the walnut family, but they do not produce walnuts, which was a bit of a disappointment to me at first, knowing only the Japanese name, which I learned from our now retired forester, Mr. Matsuki. I had never seen this tree before I came to Japan and walnuts are absolutely my favourite nut to eat. Until I learned better I thought that all ‘kurumi’ were walnuts. ‘Wingnut’ is an easier name to understand.

Sawagurumi prefer moist areas, often along streams. Ours grow at the head of a little valley, from which an underground spring produces a pretty little stream. They are native to Japan and China. They have complex, large, pinnate leaves, each leaf having 11 to 15 leaflets. They are wind-pollinated, producing long, dangling catkins, 15 to 45 centimetres in length. On these catkins grow rows of small winged seeds with are 5 to 10 centimetres across, with two wings on either side.

The bark is rough. The wood is similar to regular walnut, but not as dense and strong. Mr. Matsuki told me that when he was young they sold sawagurumi to match making companies. Those matches burned well and did not break easily when struck. Of course, not many people use matches nowadays. He also said that during the war the old Imperial Army used this wood to make ammunition boxes. I am sure that it has been used for all kinds of things, including furniture.

C.W.Nicol
October .2018.

C.W.ニコル

1940年、英国・南ウェールズ生まれ。1980年、長野県に居を定め、執筆活動を行うとともに、1986年より、森の再生活動を実践するため、荒れ果てた里山を購入。『アファンの森』と名付け再生活動を始める。1995年に日本国籍を取得し、2002年「一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団」を設立、理事長を務めている。

TOP