News

日本に自生する「どんぐり」22種をすべて見分けるコツ! 

私たちの活動のタイトルにもなっている「ACORN」とはどんぐりのことです。

でも、どんぐりってなに? どんぐりっていう木があるの? どんぐりはよく見るので、誰もが知っていそうだけど、考えてみたらこれって種? それとも実?

そんな疑問やどんぐりに関するマメ知識を紹介する「ニッポン全国どんぐりイラスト図鑑」が本サイトにアップ。

日本に自生するどんぐり22種について、それぞれイラストを使って解説しています。どんぐりと葉っぱの特徴や分布域、簡単な見分け方のポイントなどを知りたい人、ぜひ本コーナーを参照してください。きっとどんぐりを探しに行きたくなりますよ! イラストで紹介しているので、子どもも楽しめるコーナーです(もちろん、大人も)。

その他、家具に使われている国内外の代表的な樹種を樹木の幹や花、実などの写真を使って紹介する「木材&樹木図鑑」も公開しています。また、木が木材なるまでのプロセスをイラストで解説する「木材利用と木材の基礎知識」なども近日公開予定です。

各ページを見ながら森を歩けば、森歩きの魅力が倍増します! 家具を探しに行くときも、家具選びに新たな視点が加わり、家具選びの楽しさもアップ! ぜひ活用してください。

ブナのどんぐりと葉っぱ。どんぐりは種ではなくて実なのだけれど、地面に落ちると新芽を出して、根をはります。不思議。どんぐりの実の部分は「堅果」、はかまのような帽子の部分は「殻斗」といいます。詳しくは「ニッポン全国どんぐりイラスト図鑑」へ!

TOP