Column

【赤鬼のつぶやき C.W.ニコル】ヒノキ(Cypress)

 野生のヒノキが育っているのは、日本と台湾だけです。そのなかでも長野県と岐阜にまたがっている木曽谷は有名な産地でしょう。非常にゆっくりと育ち、高さは35メートル、幹は1メートルほどの太さになります。木曽には樹齢300年以上のものもありますが、成長が遅いうえ、伊勢神宮の20年に一度の建て替えに見られるように、神社社殿の修復のために乱伐されてきました。日本では大きく育った長寿の木をむだに使ってしまったので、今は保全のための努力もさかんに行われています。

 材木は黄色みを帯びた金色で、レモンのような香りがあります。真っ直ぐ同じ方向を向いている木目があり、非常に腐りにくい材質です。柔らかく加工しやすいうえ、丈夫です。赤茶色の幹は昔から神社や寺社の屋根に用いられています。常緑針葉樹の仲間で、小さな鱗に覆われているような表面で、先端が丸くなっている葉は、小さな指先のようにも見えます。

 日本に来日した当時、ヒノキ風呂といえば最高の贅沢でした。いま、わたしは自宅にヒノキの徳利を持っています。熱燗にするのには向きませんが、あらかじめ温めた日本酒をこの徳利に注ぐと、時間が経っても冷めにくいうえ、素晴らしい香りと味が酒に移ります。

 雄の球果と雌の球果は、ひとつの木に一緒に付きます。雌の球果は最初のうちは明るい緑色で、熟しきると濃い茶色になっています。丸くて、直径2センチメートルくらいの大きさです。

 アファンの森にも30年ほど前にヒノキを植えました。まだ元気ですが、やはりゆっくりと育っています。

C.W.ニコル

2018年4月


HINOKI – Cypress (Chamaecyparis obtusa)

 Hinoki grows wild only in Japan and Taiwan, and perhaps the most famous area for hinoki is now the Kiso Valley, spanning Nagano and Gifu.

 Hinoki grows very slowly, reaching heights of 35 metres and diameter at chest height of a metre.

 In Kiso they have trees three hundred years and more but they grow very slowly, and over many centuries have been exploited heavily in order to rebuild Shinto shrines, for instance the Ise shrine, which is rebuilt every twenty years.

 Japan is running out of really big old trees and a lot of effort is being put into conservation.

 Hinoki timber is a pale, yellowish gold, with a lemony fragrance.

 The grain is straight and true, and the wood is highly resistant to rot.

 The timber is soft, easily worked, and yet strong.

 The dark reddish brown bark is traditionally used in roofing, especially shrines and temples.

 Hinoki is an evergreen conifer, with small scaly, bluntly tipped leaves, which look like tiny fingers.

 When I first came to Japan hinoki baths were considered the height of luxury.

 Now at home I have a hinoki sake tokkuri from Kiso.

 It’s no use to try to warm up sake in this tokkuri, but if you heat the sake first, then pour it into the tokkuri; it stays warm for a long time and imparts a fabulous fragrance and taste.

 Hinoki have both male pollen cones and female seed cones growing on the same tree. The seed cones start off bright green and end up rich brown. They are round, measuring about 2 cms. across.

 We planted hinoki in the Afan woods almost thirty years ago and they are surviving, but as I said, they grow slowly.

C.W.Nicol
April 2018

写真提供:C.W.ニコル・アファンの森財団

C.W.ニコル

作家・1940年イギリス南ウェールズ生まれ。1995年日本国籍取得。カナダ水産調査局北極生物研究所の技官・環境局の環境問題緊急対策官やエチオピアのシミエン山岳国立公園の公園長など世界各地で環境保護活動を行い、1980年から長野県在住。1984年から荒れ果てた里山を購入し「アファンの森」と名づけ、森の再生活動を始める。2005年、その活動が認められエリザベス女王から名誉大英勲章を賜る。2011年、2016年に天皇、皇后両陛下がアファンの森をご視察された。

TOP